teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド激安市場 bag53(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


まぐろッ!

 投稿者:たくりん  投稿日:2007年 1月31日(水)01時50分35秒
  管理人様
大量に購入したのは隣の隣の隣町のブックオフであります。たぶん当人が亡くなられてご遺族の方が処分されたのだと思いますが、他に目立つような古本屋はないのでそこに売られたのでしょう。
>全て105円均一でせうか?
元旦のセールは単行本3冊1,000円で、署名入も何冊かありました。105円のものは最初に見つけた日にほとんど攫っています。以前は単行本オール105円というセールもやっていたのですが、さすがに最近はやりませんね。
>これはもう入手されたのでせうか?
「上海異人娼館」まだ売っていたのですね。このお店は時々覗くので、今度上京した時に寄ってみます。このあいだ注文した目録の結果がわからないので、今は他のものに手が出せません。

男爵探偵様
それにしても面白いタイトルの本を見つけられますね。「覆面怪投手」とか「メンコの王さま」とか、ワタクシもタイトルに惹かれて読んでみたくなります(笑)。
3万冊の蔵書の処分・・・どれくらいの量か想像も着きません。ワタクシは蔵書の数を数えた事はありませんが、理想は自分の部屋に収まるだけの量と考えております。

↓最初に攫ってきた本の中の1冊、識語署名入1,200円のドデカ本です。
 
 

冬の牡蠣

 投稿者:男爵探偵  投稿日:2007年 1月27日(土)08時50分47秒
   管理人様
  当地では、今、すんでいる島の風物誌としては
 牡蠣があります。
  どこもにぎあっています。
  人があつまるのは、古書展と同じです。

 Peter-Rabbit様
  なぜか、今年は、当方にとっていいものが
 目録には並んでいます。
  いつも思うことは、多く安いものを買うよりは
 ひとつ大物を・・・、というものの、こういうときに
 限って、一本、大物が出現するのですから、困ったものです。
  小物はスルーすればよかった、しかししばらくは出てこないのが
 常ですから、それらも買わざるをえない。

  届いたのは、柏原兵三の、当方にとっての最後の一冊。
 ・『メンコの王さま』
  書誌にありませんでしたので、あるとは思いませんでした。
  ある神田の古書店に聞きますと、扱ったことがないと
  言われてました
 

(無題)

 投稿者:Peter-Rabbit  投稿日:2007年 1月26日(金)20時07分24秒
  帝王様
ところがどつこい世の中さうさう良いことばかりでは御座ゐませんで、本日、家のローンの冬のボーナス分が引き落とされましたので昨日までの余裕がなくなりました。(^o^)
ダボらず王道を粛々と歩みまする。

男爵探偵様
今週は趣味展、来週は和洋会と続き、目録を見ますとなかなか良い品が出てをりました。本日大きな額の引き落としがあることがわかつているにもかかわらず注文を出している自分がおかしくなります。まつたく病気です。(^o^)
 

冬の算段

 投稿者:男爵探偵  投稿日:2007年 1月26日(金)07時28分6秒
    Peter-Rabbit様
  今日から神田では古書展がひらかれるので、
 期待をしています。
  収穫はあるのか、ないのか・・・
 報告は入手してからになります。
  抑えきれないのが、何とかの、業でしょうか(笑)

  当地での古書店には、当方は全集の一部を処分しましたが
 これまたとてもやすくて、一言、売れないですから、今回は
 勘弁してくださいとのこと・・・、わかります。
 

(無題)

 投稿者:萬嘯廬  投稿日:2007年 1月25日(木)23時30分47秒
  Peter-Rabbit 様
そうですか、ダボってしまいましたか。
しかも下の書き込みを見ると何やら余裕がある御様子。
今の御時世、余裕があるのは某氏だけだと思っておりましたよ。
それはさておき幹彦の谷崎宛は好いですね、関係からいって宛先としては一級品ですね。
 

(無題)

 投稿者:Peter-Rabbit  投稿日:2007年 1月25日(木)22時21分47秒
  男爵探偵様
集めたい気持ちを抑えられない・・・まつたく同感であります。(^o^)
こうやつて書き込みしてゐる間に早速、鬼面夜叉様から電話がかかつて参りました。
呆れた声で「何かいつぱい買い込んで余裕あるみたいだけど、君も相当なダボだねえ(笑)」でした。ほぼ予想通り・・・(>_<)
 

作家の名前

 投稿者:男爵探偵  投稿日:2007年 1月25日(木)22時06分8秒
    管理人様
  別名の作家にとらわれて、気付いてみると、たまって
 います。
  よく言われるように、自分の首をしめるようなもの
 ですが、神田の古書店にはやはりそれなりの値段で
 出ており・・・、ここはやはり勉強されているのだな
 と歓心するばかりです。

 Peter-Rabbit様
  そうですね・・・、いつの間にか、たまってくるのが
 当方にも悩みです。
  集めたいという気持をおさえられないのが、これまた
 悩みです。
 

(無題)

 投稿者:Peter-Rabbit  投稿日:2007年 1月25日(木)20時08分28秒
  寒中暖気管理人彭城矯介様
すでに幻影城の正続は署名入りを所持してをりますゆへその本ではありません。

男爵探偵様
肉筆葉書も気が付くと結構いろいろな作家のものが揃い始めました。
鬼面夜叉様にはそんなのダボつてないで本筋を攻めろ!と怒られそうです。(^o^)
 

冬の下手投げ投手

 投稿者:男爵探偵  投稿日:2007年 1月25日(木)07時40分59秒
  管理人様
  冬の蛾さながら、舞い降りてきます。
 「古通」でとりあげた作家で、未確認のものがありました。
  入手できたら、ここに書きます。
  別名で戦後書く場合、戦前の名前をすてて少年ものに移行した作家のかたが
 多いように思われます。このあたり、また、別名の方を見つけてしまい、
 本当に・・・(笑)
  このところ、遺族の方が処分するという情報、いくつか入手して
 そこを訪問、なんと、3万冊ぐらい(生前そういわれていたとのこと)
 あるようで、他人事ながら、めまいがしました。

 Peter-Rabbit様
  葉書ですか・・・、やはり相手先が重要なのでしょうか。
  蒐集が順調なようですね。
 

明日も探せ

 投稿者:越冬管理人彭城矯介  投稿日:2007年 1月25日(木)02時47分16秒
  >Peter-Rabbit様
買はれた乱歩は、もしかして「幻影城」正続署名入りといふ奴でせうか?
何故残つてゐたのか、私も不思議だつたのですが。

>男爵探偵様
古書展の会場で、似たやうな守備範囲の本を抱へてゐる人を見掛けると緊張しますね。
それにしても、いくら買つても次から次に欲しい本が、ゴキブリのやうにわいて来るのは、
目出度いと申しますか災難と申しますか(笑)。

>Book Impact様
月報だけのために、全集をもう1セットお求めになるのですか?
版元にとつては、まるで神様のやうなお客さんですね(笑)。
本年もどうぞ宜しくお願ひ致します。

>たくりん様
黄看板で買はれた本は、全て105円均一でせうか? だとしたらお買得ですね。
それにしても、さういふ本を引き取る普通の古本屋はそちらには皆無なのでせうか。
それとも集めてゐた当人が亡くなつて、御遺族が売り飛ばしたのですかね。
ところで、↓これはもう入手されたのでせうか?

http://taco.shop-pro.jp/?pid=1167138

 

(無題)

 投稿者:Peter-Rabbit  投稿日:2007年 1月24日(水)22時32分39秒
  帝王様
ついつい、こんなものまでダボつてしまゐました。(^o^)

近松秋江自筆葉書1枚
長田幹彦葉書(谷崎潤一郎宛)1枚
 

怪投手

 投稿者:男爵探偵  投稿日:2007年 1月24日(水)22時20分57秒
  管理人様
  寒さにもなれるような、陽だまりはここちよいですが・・・、
 古書維新もままなりません。
  それにしても、いいのでしょうか・・・、今回、奥付け不備
 ということで、ただ同然になった、読むことのみで買っている、
 柏原さんの、当方には最後の一冊であったもの、入手しました。

 たくりん様
  このところの、目録到着、やはり景気は回復したのでしょうか、
 なぜか目新しいものによく出会います。

  一冊を紹介します。
 ・『覆面怪投手』(春江堂)今井達夫、昭和22年
   本当に、タイトルだけで購入しました
 

更新報告

 投稿者:貴公 凡  投稿日:2007年 1月22日(月)04時44分36秒
  稀少雜誌に「サロン」を四冊追加致しました。

http://kikoubon.com/salon.html

 

ホメラレモセズクニモサレズ・・・

 投稿者:たくりん  投稿日:2007年 1月22日(月)00時31分45秒
  男爵探偵様
金欠なので古書店には行かないようにしているのですが、古書目録があれこれ届き目の毒となっております。注文はしたのですが、正直外れてくれるのを祈っている有様です。他にもネットで再び本を注文・・・古書店に行くのを自粛している意味がまったくありません。

↓このあいだ届きました。以前より探していたのですが、最近は古書価も高くなりもう手が出ないかも知れないと思っていたら、ネットで安く見つけられました。らっきぃ!
 

冬の嵐のなかに

 投稿者:男爵探偵  投稿日:2007年 1月19日(金)07時51分13秒
  管理人様
 古書目録到着といえば、もう、4、5年前の勢いさながら
 きています。
  今回の、「中央線古書目録」でも、また他の目録でも
 まだ見ていない、探求中の作家のものが掲載されています。
 これは、これは・・・、ファックスしました。
  その前のものに関しては、電話すると、あぁ、あなたですね・・・、
 抽選ですから・・・、競争相手がいますよ・・・。
 まあ、とりあえず、探索ノートに添付となりました。
  正月から、まだ手にいれていないものがでてくるとは、
 驚きです。
 ・ある作家の単行本
 ・八切止夫の雑誌、2点
 ・探索していた探偵作家の、別名
  (なんと、二人とも、別名で書いていることがわかりました)
 ・戦前の探偵作家の単行本(資料)
 というように、冬の嵐の「古書維新」のなかにいます。

 ymnk様
  カストリ雑誌に集中していまして、なんか、宝の山のようです。
  今後とも、よろしくおねがいします。

 Book Impact様
  「新刊展望」2月号によれば、山口瞳氏のものが刊行される
 ようです。
 

謹賀新年

 投稿者:Book Impact  投稿日:2007年 1月19日(金)07時12分29秒
  御挨拶が遅くなりました。今年もみなさまの迫力ある蒐集活動を拝見できること、楽しみにしております。新年2日の松屋では家内とそれぞれ数冊。サンシャインでは特に拾い物はありませんでした。今年は岩波から芥川龍之介全集の第2期版が刊行されます(第1回は配本済)月報が新たに書き下ろされたり、岩森亀一氏から山梨県立文学館に提供された資料集の活字化などが行われるとなると、これももう一度おさえなければいけません。ま、新たに読み直すと思えば.....(苦笑)  

男爵探偵殿

 投稿者:ymnk  投稿日:2007年 1月18日(木)16時54分55秒
  ご返事遅くなり恐縮です。正月早々ゴタゴタしており遅くなってしまいました。
年明けから買った古書といえば、どうでもよい文庫本か新書数冊くらいで、ここに書き込んでおられる皆さんの収穫を横目で羨ましく思うばかりです。
 

どたばたと

 投稿者:男爵探偵  投稿日:2007年 1月18日(木)08時33分17秒
  管理人様
  大魚を実際に入手したわけではないのですが、
 今まで探求していた何人かの作家のものが、新着の
 古書目録にあらわれて、どたばたと、ファックスしていました。
  とりあえず、探求ノートに記載しました。

 貴公 凡様
  長く探している作家の一人に、『人民の友叢書』の一冊が
 あるのですが、後年の傾向からすれば、なぜ刊行されているのか
 不思議でした。
  雑誌『單騎』の目次から、その作家が執筆していることが
 わかり、納得しています。
  大変貴重な雑誌の公開、ありがとうございます。

 ymnk様
  昨日、お葉書をいただきました。無事、てもとに
 届いたとのこと・・・、やはり、そのままの状態の
 色合いがいいですね。
 

秋山清

 投稿者:貴公 凡  投稿日:2007年 1月17日(水)02時32分54秒
  森 洋介様

秋山清さんとは神保町で、亡くなった松本克平さんや福田久賀男さん等と共に屡お会いしておりまして、その折々に情報交換をしたり執筆雑誌を差し上げておりました。従いまして小生の処にあるものは遺漏なく知らせ致した筈なので協力しようがありません。
 

追記

 投稿者:森 洋介  投稿日:2007年 1月17日(水)01時59分31秒
   たびたびすみません、よく見たら「秋山清著作目録」は別に「詩歌篇」があって、そちらに漏れなく記載してありました。お目汚しでしたら、削除して下さい。

http://www.pal-book.com/akiyama/writings02.html

 

秋山清著作目録

 投稿者:森 洋介  投稿日:2007年 1月17日(水)01時56分10秒
   失禮、いまウェブ上の「秋山清著作目録」を見たら、二號の評論だけ拾ってありました。同じ號の詩はなぜか記載無し。創刊號の「長靴」も無し。次の三號(九・十月號)にも「我等はなにを為すべきか」といふのを書いてゐたやうですね。

http://www.pal-book.com/akiyama/writings01.html

 

『秋山清著作集』

 投稿者:森 洋介  投稿日:2007年 1月17日(水)01時49分17秒
   『秋山清著作集』は昨年から十一卷を刊行し、最後に『別巻 資料・研究篇』だけ殘してゐる所です。恐らく載録してないでせうが、知らせれば間に合ふかもしれません。

http://www.pal-book.com/akiyama/

 

Re.『單騎』

 投稿者:貴公 凡  投稿日:2007年 1月17日(水)01時37分18秒
  森 洋介様

その『秋山清著作集』なるものは全く存じませんが、この雑誌に掲載の二編を収録し、年譜にも記載があるならば、相当の御仁が編集に加わっているでしょうね。

仰るとおりです。打ち間違えです。すぐに修正いたします。

推測の域を出るものではありませんが「川合書店」は便宜的に川合仁の名をつけたのだと思います。奥付には印刷人も矢橋丈吉とありますので矢橋個人での出版と思われます。
 

『單騎』

 投稿者:森 洋介  投稿日:2007年 1月17日(水)01時16分24秒
   表紙目次に見える「局清」は、のちの秋山清ですね。いま刊行中の『秋山清著作集』(ぱる出版)には拾ってあるのでせうか。
 「河合書店発行」とありますが、寄稿者である川合仁の「川合書店」ではありませんか。『回想・川合仁』がすぐ出て來ないので、ちょっと確かめられません。
 

更新報告

 投稿者:貴公 凡  投稿日:2007年 1月17日(水)00時50分52秒
  稀少雜誌に「單騎」全二号を追加致しました。

http://kikoubon.com/tanki.html

 

大魚

 投稿者:男爵探偵  投稿日:2007年 1月16日(火)08時12分40秒
  管理人様
  脇からそっと抜かれること、当方も経験しています。
 なんとなく、大魚のような気があとからおそってきます。

 貴公 凡様
  当方も、筆跡には関心があります。ある古書店のかた
 からは、ある作家のかたの真贋をみることがたまにあります。
 古書目録では、やはり、掲載作品の筆跡に目がいきます。

 Peter-Rabbit様
  手にいれた雑誌は一応目を通していますが、昨日は、
 どこかで読んだ小説(登場人物が同じ)だな、と思って、思いいたすと
 戦前の作家が、他の筆名で戦後カストリ誌に発表(恐らく)、
 掲載後、それを単行本に、戦前の名前で発表したものでした。
  少し探索することになります。
  乱歩、収集が順調のようですね。

 たくりん様
  書き終わって、目を通すと、これは誰が書いたのかな(笑)、
 といつも思います。当方と同じことをする人がいるものだな、
 それにしても、インタビュまでとは、と思い至ります。
  知られていない作家をとりあげたい、ということが
 当方の願望なので、他の人に興味をもたれるように、
 努力をかさねていますが、さて、今回は・・・、がんばります。
  収集では、重ねて運が舞い降りることがたまに当方にもあります。
 

更新

 投稿者:貴公 凡  投稿日:2007年 1月16日(火)05時32分3秒
  文士の筆跡に「渡邊修三」を追加致しました。

http://kikoubon.com/hissekiindex2.html

 

我恐怖運過多

 投稿者:たくりん  投稿日:2007年 1月14日(日)23時40分11秒
  管理人様
お正月セールだったので、以前書き込みましたブックオフへ行き、古書関係の本をごっそり掻っ攫ってまいりました。
5日の日には名古屋へ行き、探求書を含めあれこれ購入。
翌6日には、昨年末注文していた本が2冊届きました。ようやくこれでリーチ。
 落札価格年報45年版 限定三百部 非売品 明治古典会
 落札価格年報46年版 限定三百部 非売品 明治古典会
その後もネットなどであれこれ購入。1月もまだ半ばだというのに早くも金欠借金という事態になってしまいました。そんな中、昨夜ネットでまたまた探求書を見つけ注文・・・はっきり言ってもう阿呆です(笑)。

男爵探偵様
今年に入ってからというもの、まるで吸い込まれるようにワタクシの目の前に探求書が次々に現れるという体験をしております。正直・・・反動が怖いです(笑)。
古書通信の「古本講座」にも書かれておりましたが、古本雑誌「初版本」では人物論・作品論ではなく本そのものについて取り上げられるそうですね。オールカラーで書影もふんだんに載せられるようなので、すごく楽しみです。がんばって下さいませ。
 

(無題)

 投稿者:Peter-Rabbit  投稿日:2007年 1月14日(日)13時47分0秒
  昼温夜寒管理人彭城矯介様
たまたま1月は忙しくて・・・来月はさうでもなさそうなのですが。儲けるといつてもサラリーマンは月々決まつたお手当てしか貰えませんので・・・

男爵探偵様
私の買い初めは、乱歩2冊でした。(^o^)
なかなかのお買い得でした。詳細はまた改めて。
 

大失敗

 投稿者:初心者携帯管理人  投稿日:2007年 1月14日(日)12時22分30秒
  男爵探偵様、
どうやら掘り出し物をみすみす放棄してしまつたやうで、まだまだ修業が足りませんね。
改めて御連載を通読する必要がありさうです(笑)。
 

ひっぱりだこ

 投稿者:男爵探偵  投稿日:2007年 1月14日(日)06時46分26秒
  管理人様
  今年も宜しくお願いいたします。
  以前「古通」に書いた「九鬼紫郎」の項では、ある古書店の方から、
 九鬼紫郎についてのリスト、大変参考になるといわれました。
  あれですべて網羅したので・・・
  とくに、時代小説はひっぱりだこです。万単位がつきます。
 やはり、入手して、てもとにおいておく・・・、そんな気が
 いたします。
  当方は、1月には、属している集まりで、それぞれ、6回ほど新年会
 があります。
  こうしてはじまるのですね。

 Peter-Rabbit様
  こうして古書の収集ははじまります。
 今年最初は、雑誌収集からはじまりました。収穫はまた
 報告します。

 ymnk様
  お手元に届いたと思います。参考になれば、幸いです。

 たくりん様
  こうして、また、落ち着かない日がはじまりました。
 

超平気R1号

 投稿者:一応管理人彭城矯介  投稿日:2007年 1月14日(日)03時05分18秒
  >Peter-Rabbit様
名義貸し管理人や常連の書込みの方が、よつぽど変てこだと言はれさうですがね。
今年は随分お忙しいやうで、精精儲けて某店から高い本を買つてあげて下さい(笑)。

>男爵探偵様
先日BIG BOXで九鬼紫郎本を見付けたのですが、時代小説だつたので棚に戻したら、
横にゐた人に即抜かれました。九鬼には潜在的ファンが多いのでせうか。
それとも、ここを覗いてゐる方だつたのでせうか(笑)。

>cogito様
初心に還るのは大切ですね。
読めない古い本を溜め込んでも、御家族の迷惑になりますから(笑)。

>たくりん様
何かいい獲物があつたのでせうか?
画像は貼れるやうですから、安心して御投稿下さい。
 

死ね死ね板テスト

 投稿者:ミスターK帯管理人  投稿日:2007年 1月13日(土)03時14分4秒
  「おのれ~、しつこい荒らしめ。
我々の計画を邪魔する奴には容赦せんぞ。
皆殺しにしてくれる。ミサイル発射用意!」
 

再び

 投稿者:貴公 凡  投稿日:2007年 1月10日(水)17時31分47秒
  国内外からの変てこな投稿が連日寄せられて参りますので一時的に、この掲示板を使用いたします。  

レンタル掲示板
/9