teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ブランド激安市場 bag53(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:432/830 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

志功装丁本日誌β(1)

 投稿者:文庫中毒  投稿日:2008年 5月25日(日)22時04分7秒
  通報
   もう数週間程前になるが、ネット古書店で清水文雄著『河の音』を購入した。
 四六版上製でカバー付き、良い状態のもので1万円ちょっと。以前にもカバー無しが3~4千円で出ていたのを注文したことがあったが、すでに売り切れていた。
 棟方志功が題字を提供していて、同じものをカバー、表紙、扉に使用している。
 内容は国文学や教育に係わる短い感想文・随筆文風のものを集めたもの。
 発行は一応「王朝文学の会」としているが、奥付には非売品としてあり、大学退官記念の自費出版のようである。友人知己に配ったものか。
 清水文雄は中世文学を専門とする国文学者として、また学習院教授時代に三島由紀夫を見いだしたことでも有名。雑誌「文藝文化」を薄田善明らと創刊。この関係で棟方志功の知遇を得たものであろう。
 志功装丁本で未集のものが少なくなってくると、こういったものにまで大枚をはたくことになる。
 
 
》記事一覧表示

新着順:432/830 《前のページ | 次のページ》
/830