teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


梁襄王・・・曰・・・

 投稿者:GIです  投稿日:2008年12月13日(土)00時56分35秒
  梁襄王 卒然問曰天下悪乎定
民主王 卒然問曰民活悪乎定
 
 

合唱祭の案内が来てますよ

 投稿者:防府グリ-クラブサイト管理人  投稿日:2008年 6月25日(水)10時40分15秒
  いつか皆で「ツアー」組んで行きましょうね。



防府グリークラブの皆様へ

北欧ノルウェーのベルゲンで来年9月初めに開催の「第3回グリーグ国際合唱フェスティバル」のご案内




梅雨お見舞い申し上げます。

皆様にはますますご活躍のこととお喜び申し上げます。



さて、来年9月初めに第3回目のグリーグ国際合唱フェスティバルが開催されます。今回より

これまでのカテゴリーに“コンテンポラリー・ミュージック”および“児童&ユース合唱”の

2つが新たに加えられました。同合唱フェスティバルの概略は下記の通りです。

9月初旬の北欧は快適です、一度ご参加をご検討ください。


なお、別件ですが、今年の年末12月30日ハンブルクでの

ベートーヴェン「第九」&モーツァルト「戴冠式ミサ曲」コンサート

 + 12月31日ライプチヒでのヘンデル「メサイア」(抜粋)の

日独親善ジョイントコンサートに日本から参加いただく合唱員の皆様を

当ジョイントコンサート国際委員会では募集しております。

http://www.ctcjapan.co.jp/2008ye%20ar-end%20Chorus.html


つきましては、ご興味ございましたら、資料をご請求ください。

渡航期間は12月26日(金)~1月2日(金)の8日間です。

----------------------------------------------------------------------------
ジョイントコンサート国際委員会 事務局

事務局長 垣沼佳則

http://www.jointconcert.com

jointcon@vesta.ocn.ne.jp

tel. 03-5425-2326  fax. 03-3459-5805
---------------------------------------------------------------------------

第3回グリーグ国際合唱フェスティバル

2009年9月2日~6日、ノルウェー・ベルゲン

ノルウェーを代表する作曲家エドヴァルド・グリーグの生地、

ノルウェーの旧首都ベルゲンにて開催

<カテゴリー>

アマチュア合唱団(混声、チェンバー、男声、女声、児童、ユース合唱団)は次の

5つのカテゴリーのうち1つ、あるいは2つのカテゴリーに参加できる。

1.宗教曲 (Sacred music)

2.非宗教曲  (Secular music)

3.フォーク・ミュージック  (Folk music)

4.コンテンポラリー・ミュージック  (Contemporary music)

5.児童・ユース合唱 (団員は1989年以降の生まれに限られる)

(Children & Youth choir)

全カテゴリーにおいて曲の難易度は問わず、課題曲もなし。



<演奏プログラム、時間>

児童・ユース合唱以外の全てのカテゴリーで演奏する曲はアカペラ曲。児童・ユース合唱に

限りピアノ伴奏可能。 プログラムの演奏時間は最大12分。

各カテゴリーのプログラムに入れる曲は次の通り。

宗教曲&非宗教曲

●       合唱団の母国の作品1曲

●       ノルウェーの作曲家による作品1曲

●       自由に選択した曲

フォーク・ミュージック

●       合唱団の母国のフォークソングをもとにした作品1曲

●       1970年以降に作曲されたフォーク・ミュージックをもとにした現代作曲家による

作曲あるいは編曲された1曲

●       自由に選択した曲

コンテンポラリー・ミュージック

●       合唱団の母国の作品1曲

●       1989年以降北欧の作曲家により書かれた1曲

●       1989年以降作曲された曲の中から自由に選択した曲

児童・ユース合唱  ピアノ伴奏可能

●       合唱団の母国の作品1曲

●       北欧の作曲家による作品1曲

●       自由に選択した曲

<審査>

国際審査団により審査され、各カテゴリーについて1位、2位、3位が決められる。

<賞金>

5つの各カテゴリーについて次の賞金が与えられる。

1位  1800ユーロ

2位  1000ユーロ

3位   600ユーロ


<グリーグ・グラン・プリ>

参加合唱団の中から審査団により選出されたところがこの賞のコンテストに進む。

演奏時間12分。合唱団は自分たちで自由に選んだ曲のプログラムを演奏。

各審査員の採点の平均が最も高かった合唱団がグラン・プリを獲得する。

賞金は5000ユーロ (約83万円)



<コンサートとその他イベント>

参加合唱団にはベルゲンの中心およびその周辺地でコンサートが予定される。

そのコンサート会場は、教会、野外会場、グリーグホール、エドヴァルド・グリーグの家、

ベルゲンフス城内ホールといたコンサートホール。

フェスティバルの間に、フェスティバル合唱団とともに個人あるいは合唱団として

“Sing together Verdi Requiem”コンサートに参加し、オーケストラとソリストとともに

演奏できる。



<合唱フェスティバル予定表>

9月2日(水)  17:00 オープニング・セレモニー

         18:30 コンペティション: コンテンポラリー・ミュージック

         20:00 参加合唱団によるコンサート



9月3日(木)  18:00 コンペティション: 宗教曲

                              20:00 参加合唱団によるコンサート



9月4日(金)       10:00 コンペティション:児童・ユース合唱

                              12:00 コンペティション:非宗教曲

                              14:00 コンペティション:フォーク・ミュージック

                              18:30 参加合唱団によるコンサート

                              21:00 “Sing together Verdi Requiem”コンサート参加





9月5日(土)  11:00 “Singers corner” 野外コンサート

                              15:30-17:00 “グリーグ・グラン・プリ”

                              19:00 閉会式、夕食パーティー

9月6日(日)       13:00 参加合唱団によるコンサート



<参加登録料>

合唱団につき175ユーロ。 払い戻しはない。

<参加申込締切日> 2009年3月15日



<合唱フェスティバル参加費>

各参加者には参加費80ユーロがかかる。これはフェスティバルでの全ての行事

(コンペティションやコンサート)参加および入場、閉会式夕食パーティー全ての

費用を含む。
 

ホタルの夕べ日程

 投稿者:事務局長メール  投稿日:2008年 4月23日(水)09時25分55秒
  今年のホタルの夕べ出演のスケジュールが決まりました。
直前練習は6月1日(日)9:30より佐波小学校体育館にて。
全員の発声練習から始めます。
スタッフの皆さんは準備のため9:00に集合して下さい。
6月7日(土)の当日は、17:00にいつもの階段付近に集合して下さい。
最初の30分はソロと語りのリハ、17:30より全体リハを行います。
18:30から30分休憩の後、本番は19:00からです。
雨天の場合は佐波小学校体育館で行いますが、決定は実行委員会が当日8:00にします。
微妙な場合は私(090-1680-7626)までお電話下さい。
よろしくお願いします。
 

ヨーロッパでの合唱祭やコンサートへのお誘い

 投稿者:防府グリ-クラブサイト管理人  投稿日:2008年 4月10日(木)15時43分2秒
  防府グリークラブ 御中

防府グリークラブの皆様へ

またまた、別のメールが来ました。少人数でも行けますよ。

いいですねえ。心が惹かれますねえ。

**************************************************

ヨーロッパでの合唱祭やコンサート

2008年の夏から2009年の春にかけて、ドイツ、オーストリア、イタリア各地で開催される合唱フェスティヴァルをご案内いたしております。

日頃活動していただいている合唱団でのご参加はもちろんですが、ザルツブルグでのモーツァルト「ハ短調ミサ」やハレのヘンデル「メサイア」など 個人で参加 していただけるものもございますので、仲良しグループ数人で旅行をかねてイヴェントに参加されるてはどうでしょうか。一般の観光旅行とは違う思い出深い旅にしていただけるよう、ご旅行の計画もご相談させていただきます。

各フェスティヴァルの詳細は以下のサイトでご案内いたしておりますのでご一覧いただければ幸いです。

http://www.gakushu-kai.com/gassho/

尚、私どもでは合唱団に限らず毎年様々な形態の演奏旅行を手がけておりますので、フェスティヴァルへの参加以外に貴団オリジナルの演奏旅行をアレンジ、手配も可能ですから、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。また学習会では夏のヨーロッパでの音楽研修のご案内もいたしておりますので宜しければ合わせてご覧ください。

http://www.gakushu-kai.com/

どうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます。

=================================================
学習会・音楽アカデミー事務局
530-0001 大阪市北区梅田1丁目3-1-500
大阪駅前第1ビル5階
電話:06-6341-1671
ファックス:06-6347-1413
gassho@gakushu-kai.com  /  http://www.gakushu-kai.com

(執務時間:月曜~金曜・午前10時~午後6時)
=================================================
 

ハルマンリ国際合唱祭“ハルモニア”参加へのお誘い

 投稿者:防府グリ-クラブサイト管理人  投稿日:2008年 3月31日(月)10時00分22秒
  防府グリークラブの皆様へ

こんなメールが届きました。いつか行きましょうね。

--------------------------------------------------

ハルマンリ国際合唱祭“ハルモニア”参加へのお誘い(来年6月ブルガリアで開催)


花見のシーズンも間近となりました。皆様にはますますご活躍のこととお喜び申し上げます。

さて、ブルガリアの首都ソフィアから275kmのところにある町ハルマンリで1896年に結成された混声合唱団“SLAVEJ"(ナイチンゲール)では、ハルマンリ市および“Druzhba”国立コミュニティーセンターとともに来年第3回国際合唱際”ハルモニア“を6月4日~7日に開催しますが、来年は日本の合唱団をぜひ招きたいとのことです。



つきましては、皆様にこのブルガリアでの国際合唱祭参加をご検討いただけないでしょうか。

国際合唱祭とうたっておりますが、通常ブルガリアの合唱団3団体、それと外国3カ国からの3団体、計6団体で国際親善を図る内容で、コンペティションはありませんので気軽にご参加ください。

どのような合唱団にもお薦めできます。規模が小さい分、交流は楽しく、内容の濃いものになります。この機会に琴欧州の母国ブルガリアの魅力を発見してみてはいかがでしょう。



ハルマンリ国際合唱祭“ハルモニア”の特色

● 参加合唱団は通常ブルガリアから3団体、外国から3団体で環境のよいこの地方都市で小ぢんまりと楽しく合唱を通しての国際親善を図る内容。前回外国合唱団は、スペイン、ロシア、ポーランドから参加。

2009年は日本ブルガリア国交回復50周年につき日本の参加を希望。

●フェスティバルは各国から参加の合唱団の親善交流を第一とし、コンペティションは行わない。

●参加合唱団は男声、女声、混声で参加団員数や年齢に制限ない。●参加合唱団員はアマチュアに限られるが、指揮者や指導者はプロでもかまわない。●ピアノ伴奏可。●演奏時間は45分以内で、プログラムは参加合唱団が自由に選択できる。●フェスティバル期間中にブルガリアの作曲家による1曲を学ぶ機会がある。


● 参加者全員に対し参加証と合唱祭ポスターが渡される。●参加合唱団にはフェスティバル期間中に2回以上、のコンサートをしていただく。●ハルマンリ近隣都市でも演奏していただく機会がある。



ハルマンリは首都ソフィアからトルコのイスタンブールへと続く街道上にあり、トルコ、ギリシャの国境に近いです。ご参考までにおつくりした日程案と合唱団”SLAVEJ”のプロフィールと下に記しますので、お目通しいただけましたら幸いです。・・・省略

なお、日本からの参加は1団体に限られますので、早く参加をお決めいただいたところにお願いすることになりますのでご了承ください。


ジョイントコンサート国際委員会 事務局

事務局長 垣沼佳則

http://www.jointconcert.com

jointcon@vesta.ocn.ne.jp
 

インド見聞記:その9

 投稿者:Mです  投稿日:2008年 2月20日(水)13時08分11秒
  20)今回も教養と知的プライドのあるガイドに恵まれ

そして知性と個性ある団員に恵まれ、天候にも定刻にフライトしたヒコーキにも恵まれた。
「3時間前に飛行場に来い」は、さすがにイヤになりましたが・・・。
空港入り口でずら~っと並ばせておいて、たった一人の軍人さんが第1次セキュリティ チェックをすることもありました。

通訳・ガイドは大切です。侮ってはいけません。

今回もインドの悠久の歴史に始まり、
玄奘三蔵の学んだ大学を日本とインドが協同で故地に復興しようというプロジェクトがあるという説明に至るまで延々と講義があった(これができないとガイド試験に通らない)。

2人になったときにあれこれ訊いてみた。
ラーマーヤナの物語は親子の愛の物語ですとのこと(そうでしょうね。こちらは戦争活劇しか印象にないんですが)ほんとに優しいひとです
。完全菜食主義のヒトです。ですが大きい人です。


21) 同行グループは、それぞれ自立した「社長」なのでそれぞれの分野で一流である。

食事中話すことが面白い。
商売のおはなしや、寸評や歴史観が。聖徳太子の宗教融和策や織田信長の楽市楽座のこと・・・。
インドの現状と比べてのはなしである。
ちょっとお金を払ってでも聞きたい話が聞ける。得した気分になる。


22) おわりに

次は是非アラブ首長国連邦を訪問したい。
(学生のころ飛行場にだけ降りた。夜だが、ただただ暑かった)

中国13億人足すインド11億人で24億人です。
世界66億人の3分1の勢いをみた。
しかし今砂漠に楼閣を築いた国がある。
世界一の高さの建物もここにある(建物643m・アンテナ818m)。

かつてシルクロードで砂漠のなかに栄えた楼蘭のような「砂漠の幻・人類の幻」をテレビでなく実際に(ちょっとだけ)見てみたい。

どなたか連れて行ってください。(了)
 

第1回国際バッハ・ヘンデル・ワークショップについて

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会メール  投稿日:2008年 2月20日(水)12時54分55秒
  突然の書き込みにて失礼いたします。

☆“ライプチヒ・バッハフェスト”で世界合唱団の一員として歌うチャンス☆
<第1回国際バッハ&ヘンデル・ワークショップ開催のご案内>

世界的に有名な“ヘンデル・フェスティバル”と“バッハ・フェスト”がヘンデル生誕の地ハレおよびバッハ縁の地ライプチヒで今年も6月に開催されますが、そのバッハ・フェスト行事会場の1つニコライ教会でオルガニストをしているユルゲン・ヴォルフ氏が第1回国際バッハ・ヘンデル・ワークショップをライプチヒ・バッハ協会の協力を得てバッハ・フェスト行事として6月13、14日にライプチヒでも最も古い教会の1つにニコライ教会に世界各地からアマチュア合唱員を集め開催します。概要は下記の通りです。

オーケストラ: メンデルスゾーン・カンマーオーケストラ
指揮:  ユルゲン・ヴォルフ
合唱練習:6月13日(金)19:00 ニコライ教会近くの練習会場にて
本番: 6月14日(土)18:30 ニコライ教会
(バッハ・フェストプログラムNo.14)
曲  目:
J. S. バッハ
●バッハ「ロ短調ミサ曲」より
サンクトゥス Sanctus (aus Messe h-moll BWV 232)
ドナ・ノービス・パーチェム Dona nobis pacem (aus Messe h- moll BWV 232)
●カンタータ第147番より
コラール Choral „ Jesus bleibet meine Freude“(aus BWV 147)
●カンタータ第76番より
合唱曲 Chor„Die Himmel erzählen die Ehre Gottes“(aus BWV 76)
●マニフィカートより „Sicut locutus est“ (aus d. Magnificat BWV 243)
G. F. ヘンデル
●デッティンガー・テ・デウムより
第1番 „We praise Thee, oh God“ (Nr.1 aus Dettinger TeDeum)
同第2番   „All the earth“(Nr.2 aus Dettinger TeDeum)
●「メサイア」より „Halleluja“ (aus d. Messiah)

日本からも参加しませんかと、この度ヴォルフ氏から参加要請が届きましたので特別に参加ツアーを企画いたしました。渡航期間:6月11日~17日 7日間

個人でも団体でも参加できます。ワークショップに加え、両フェスティバルのコンサートも時間が許す限りお楽しみいただけます。コンサート・チケットはものにより必ず入手できるとお約束はできませんが、お手伝いさせていただきます。

ユルゲン・ヴォルフ氏はオルガニストだけでなく作曲、オーケストラ指揮、オルガンやチェンバロについての世界的権威であり、ラジオ、テレビ、CDで活躍しております。
ニコライ教会は昔からライプチヒで最も有名な教会の1つで創建はライプチヒの町がつくられた1165年頃。バッハのSt.John Passionは1724年にここで初演されています。またニコライ教会はバッハが聖歌隊先唱者を務めた5つの教会の1つでもあります。
ヘンデル・フェスティバは1922年から開催されています。10日間で40ほどのプログラムがあります。一方、バッハ・フェストは1904年に始まり、1999年からは毎年実施されています。
100にもおよぶプログラムで5万人のバッハファンを世界中から集めています。ゲヴァントハウスとトーマス教会でも行事が繰り広げられます。

ご興味をお持ちの場合は、資料をお送りいたしますので、郵送先アドレスをお知らせください。
なお、ライプチヒ・バッハ協会へ参加名簿提出の期限があるため、参加申し込み締め切りは3月21日(金)になります。それではよろしくお願いいたします。

ジョイントコンサート国際委員会 事務局
事務局長 垣沼佳則
jointcon@vesta.ocn.ne.jp
 

インド見聞記:その8

 投稿者:Mです  投稿日:2008年 2月15日(金)11時14分47秒
  18) モヘンジョダロ遺跡にも?

教科書で習ったインダス文明の古代都市モヘンジョダロの遺跡は紀元前2500年から紀元前1800年にかけて繁栄し最大で4万人近くが暮らしていたが忽然と滅亡した。
近年の研究では大規模な洪水によって一気に衰退したと考えられている。

5平方キロもあるが、発掘が進んでいるのは全体の4分の1ほどで、古代核戦争の研究者ダヴェンポートは、現地で「ガラスになった町」と呼ばれタブーとされているため発掘対象とならない区域を訪れた。

そこは、黒いガラス質の石が800メートル四方をびっしり覆っており、高熱で溶けた砂が再固化したものとされている。
溶けてくっついたレンガや、ねじ曲がったり気泡が混じってガラス化した壺の破片なども見つかっている。

このように広範囲の砂が溶けてガラス化するという現象は自然界では見つかっておらず、同様の風景は地表核実験が行われた砂漠でしか見つかっていない。

また、壺が原形を保ちながら溶けかかった状態で固まるという現象は、超高温の熱線が極めて短時間に照射されたと想定される。
広島平和記念原爆資料館には、そんなガラス製の一升瓶や、表面が溶けた瓦などが展示されている。

というふうにインドは「古い古い国で、まだまだ不思議がいっぱい」ということですね。


19) さて、インドの一番の辛さはなんでしょうか?

インドはコンピューター学科のある大学が1000校以上ある。
全部で200万人の大学生が毎年卒業する。(200万人がどれくらいのボリュームかというと、団塊の世代の私の場合同い年生まれの全数が200万人です)

インドは字が読めない人が3割です。(アジアの中で飛びぬけて高い。中国は1割)人口11億人の3割です。
事情で学校へ行けない、行かないそうです。
これは工業社会・大衆社会の基盤としては大変につらいことです。

また、インドのお札には「これは××ルピーです」と17もの言語が並べて書いてあります。
公用語はヒンディ語・準公用語は英語です。

国民の9割以上が年収50万円以下です。


「インドから西は山がむき出しの茶色である。インドから東はジャングルである。インドはアジアの欧州だ」と聞いた。
そのようでもあるが欧州といわれると首もひねる。


日本の新聞に「興隆インド」という連載があり「高学歴者の帰国者急増」「海外経験で国を変える」と見出しがあった。
IT技術者がキャリアも財産も投げ捨ててアメリカからインドへ帰国し私財を投じて、あるひとは貧困撲滅のため小額無担保の銀行をつくり、あるひとは文盲撲滅のために啓発の劇を作り巡回しているという。
現地の日本人はごぞんじない。まだまだである。


インドは眠れる象なのでしょうか?
「不思議の国のアリス」では森の中でアリスに道をたずねられたお化けネコは「お前がどこに行きたいのかわからないなら、どっちの道へいってもおなじことだよ」と答えました。
自分の行く先さえ決まればいいんですが。

明治の日本を想い起こします。よくやりましたね。
(ことばの統一もしたし)明治の先輩たちはえらいですね。つくづくそう思います。
 

インド見聞記:その7

 投稿者:Mです  投稿日:2008年 2月15日(金)11時10分11秒
  14) 金型ならインドでもOK!?

という見本の日本の進出企業ナガタ・インディア社も見学しました。
ただし品質も技術もコストも(ご自分でおっしゃるように)タイ製に負けています。
CAD・CAM(コンピュータープログラミングによる自動加工)を使えればつくれるという程度の金型は日本では近々生きて行けなくなるということの指標には充分なりました。

(機械は台湾製と日本製)あとは手仕上げのノウハウだけです。
日本人の退職した名人的職人を高給与で招聘しこれを中国は猛烈に吸収し続けています(明治期に日本の西洋化立ち上げに貢献した、たくさんのおやとい外国人たちを想起しないこともありませんが)。

「金型は日本の真心、世界の宝」は超高難度品だけの話になるのか?日本の金型産業にとってオソロシイことです。

15)治安は、いいらしいです

朝のジョギングを欠かさなかったメンバーもいます。
でも夜はダメ。
昼なら一人で「リキシャ(小さな三輪タクシーです。タイも同じものあり)」に乗ってきたメンバーもいます。初乗り28ルピー(約100円)でインドのひとも乗る前に交渉です。
見ていると交渉が結構長そう。決裂するところも見ました。
4人乗ってもせいぜい300円くらいですから気前よく払ってください。
メーターは付いていますが壊れています。ドアはありません(便利デス?)。

16) 文化の歴史

「零の発見」をしたわけだし、玄奘三蔵法師が学んだ大学もあった。
ムガール帝国時代などの遺跡(世界遺産)を観れば文化や歴史がすばらしいことは充分にわかる。

インドのあいさつ「ナマステ」はお経の南無とおなじ語源です、とガイド氏。
日本とのつながりも永くて深い。

17) 歴史といえばインドの超古代文明は?

紀元前10世紀頃のバラタ族の戦争を物語る大叙事詩という意味の「マハーバーラタ」をはじめとする古代インドの叙事詩「ラーマーヤナ」、「リグ・ヴェーダ」には、核爆発を想像させる記述がある。
インドに古代超文明があったというわけです。


放射性元素の研究者フレデリック・ソディは原子爆弾が開発される前の1909年の著書『原子の解説』のなかでマハーバーラタにふれ、遠い昔、未知の力、例えば原子力に通じていた文明が存在していたが使い方を誤り滅んだのだと私は信じている。と述べている。

くわしくは永井豪のマンガ「神話大戦」をごらんください。


「超高温の火球」太陽が一万個集まったように光り輝く柱

「強烈な熱線」池の水が蒸発し猛火に焼かれた木々のように倒れる戦士たちと、火傷で逃げまどう戦象と、灰と化す住民たち

「衝撃波」恐ろしい風、うなる雲、揺れ動く太陽

「衝撃波で舞い上がる土埃」方向感覚を見失うほどの濃い闇

「放射能汚染」髪の毛や爪が抜け落ちた死体、毒された食物、鎧を脱ぎ捨てて体を水で洗う生存者

このように記述は具体的で、広島での被爆体験談とも酷似しており、とても想像だけで書いたとは考えにくいという主張である。

脱線のついでに次回はモヘンジョダロ遺跡について。
 

インド見聞記:その6

 投稿者:Mです  投稿日:2008年 2月 6日(水)14時04分25秒
  13)インド訪問の目的は企業視察ですから

インドの油圧プレス機製造会社も訪問しました。
インドでナンバーワンの油圧プレス機製造会社だそうです。

近い業種の眼から見ると傍目にはちょっと・・・・(ビックリ)。
あの機械設備は40~50年前のものでしょうね。
それであっても「(設計)技術がドイツ」なら「品質が日本」・・・のものができるということになり(ただし心臓部である油圧機器は日本製・油研工業製)、これを「中国の価格」で売るとオーナーは日本からの輸入高級トヨタ車に乗れるくらい、充分儲かるということがわかります(利益20%と説明があって皆がどよめいた。
これを預金すると金利が10%だから8年かからず倍になる)。


大型切削工作機械は、英国製・チェコ製・ドイツ製などまちまち、多分中古ではないか?
日本製を新品でいま買うと切削工具を含めればそれぞれ1億円以上~6000万円くらいでしょうか(日本の中小企業の社長はキカイが好きだから新品を買うのです!わたしのように累計10何台も・・・好きだからは冗談で、ほんとはそれをしないと日本では競争に勝てないからデス。日本では製造業に分類される工場・事業所は47万あります)。

たしかに、設計がしっかりしていれば(押さえるべきところさえ押さえれば)平行垂直さえそれなりにつくれば、お客様の要求する仕事をプレス機はしてくれます。
心臓部の油圧機器は日本の油研工業製だからなお大丈夫。電装品は外注する・・・と「製品メーカー」とはそういうものだとあらためて確認できました。

すばらしい会社なのです。
あれでいいのだ!(インドではイイノダということ。日本ではお客様が買ってくれないか、または他社との競争に負ける。キビシイ)


あの溶接開先は日本なら検査に通らないとか・・・。
あれで国際品質管理規格ISO9001の認証がホントにとれているのかなあ?・・・とか。
気になることはいろいろありますが、とりあえず完成品メーカーは設計が一番重要だということを再認識しました。
「技術はドイツ・品質は日本・価格は中国」とはいまのインドにピタリはまった宣伝文句です。

スズキ・ホンダの国である日本からはるばるやってきた大勢の視察団に堂々とプレゼンテーションをするご子息(モントリオール大学26歳)と彼を見つめる誇らしげな父上の姿がなんとも羨ましく眼に残りました。要所できっちり補足説明もする社長でもあります(うちの5代目候補の次男は大学2年生です。父と私の大学の後輩でもあります)。二人とも黒いターバンを巻き、立派なひげと堂々たる体躯のダークスーツ姿です(シーク教徒さんですね)。
 

レンタル掲示板
/19