teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


カナダでの音楽祭行きたいですね

 投稿者:社長  投稿日:2015年 2月25日(水)13時52分39秒
  ミズーラ国際合唱フェスティバル2016



2016年7月13日(水)―16日(土)





“The Last Best Place”と呼ばれ風光明媚と人のよさで知られるアメリカ・モンタナ州西部の“ガーデンシティー”-

ミズーラを舞台に開催されるこの国際合唱祭は1987年に始まり、次回は10回目となります。どのような種類の合唱団

の参加も歓迎されます。

コンペティションは無くあくまで合唱祭ですが、参加するためには音楽レベルの審査を通過する必要があります。

これを通りますと正式な招待状が出され、参加が可能となります。

参加費用はかからず、合唱フェスティバル期間中、地元家庭での滞在および全食事が主催者により無料で提供

されますので、参加合唱団はミズーラまでの往復の交通費を負担するだけです。

参加申込締切日は決められておりませんが、申込順に審査、招待状発行、定数に達し次第締め切りということを考え

ますと、参加を希望する場合はできるだけ早めに申し込むのが賢明です。

すでに申し込み受付はじまっています。



clip_image004clip_image006clip_image008clip_image010clip_image012



申込手続きについては次のものを提出ください。

(情報を皆様からいただき私どもで提出資料を整えるようにいたしますのでご面倒なことはありません。)



1.   記入済みの参加申込書

2.   合唱団の最近の演奏をMP3で録音したもの(現在の指揮者で過去3年以内のもの、3~4曲でできれば対照的な

スタイルのもの)

3.   合唱団の短い紹介文(200語以内、団の歴史、レコーディング・受賞・フェスティバル参加歴など)

4.   合唱団指揮者紹介文(150語以内)

5.   合唱団のカラー写真(招待された場合に必要になる、デジタル写真で提出)



開催地のミズーラは美しい山に囲まれた5つの谷、4つの川の中心地に位置し、標高1000メートル近くのところで、

北225kmのところにはグレイシャー国立公園、南435kmにはイエローストーン国立公園が控えています。モンタナ州で

2番目に大きなこの町にはモンタナ大学があり、人口67000ほどです。



clip_image014clip_image016clip_image018



clip_image020

問合せ&申し込み先:

ジョイントコンサート国際委員会事務局 担当:垣沼、山田

TEL 03-5425-2326

Eメール jointcon@vesta.ocn.ne.jp

ウエブサイト http://www.jointconcert.com
 
 

年末ウィーン「第九」合唱参加者募集のご案内

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会  投稿日:2013年 6月17日(月)17時56分1秒
  突然の書き込みにて失礼いたします。


■ベートーヴェン「第九」年末ウィーン公演合唱参加者募集のご案内■

今年の年末年始は12月30日にウィーンでの「第九」に参加し、その後31日は世界的に有名なウィーンの年末イベントで楽しんでみませんか(下記オーストリア政府観光局情報抜粋参照)。

「第九」の会場は今ウィーンで話題のMuTh.(ムート)ウィーン少年合唱団専用の音楽劇場で約400席の客席と最新設備の整った舞台を備え、ウィーン北地区の新しい音楽拠点として注目を集めているところです。

指揮・音楽監督はウィーン市を中心に活躍する新鋭、ニコラス・ランドレスク氏、演奏者も日本側とウィーン側半々で編成するよう計画しております。

これまで日本で「第九」を歌われてきた皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。
この機会にウィーンで話題の最新音楽施設での新しい音楽体験と、盛大に盛り上がるニューイヤーカウントダウンをぜひお楽しみください。

<企画概要>
演奏会:     2013年12月30日(月)
会場:      MuTh ? Konzertsaal der Wiener Sängerknaben
指揮:      ニコラス・ラドレスク(ウィーン在住)
主催:      Cultours Europe(ウィーン)
渡航期間:    2013年12月27日~2014年1月2日(ウィーン5泊)
参加費用:    39万円 *旅行費用、演奏会費用 別途オイルサーチャージがかかります。
申込締め切り日: 2013年8月31日(土)

詳しくはお問合せください。

■IJC7th実行委員会
実行委員長  当山 紀博
電話 090-8070-1023
E-mail: ijcorchestra@gmail.com
ジョイントコンサート国際委員会
事務局長  垣沼 佳則
電話 03-5425-2326


●ウィーンの年末年始のイベント
年末年始、ウィーンは音楽であふれます。
12月31日にはウィーンの旧市街全体が、広大なパーティー会場となります。最高のエンタテイメントが楽しめるのはメインストリートの「シルヴェスター(大晦日)の小路」で、ウィーン市庁舎から旧市街の入り組んだ小路へと続いています。このシルヴェスター街道には昨年度70万人の人々が訪れました。 ?沿道には約80のスナックスタンドがオープン、ポンチ酒や味の名品を提供しています。11の特設ステージでは、バラエティショー、ワルツ、オペレッタ、ロック、ポップ、DJライン、フォークソングなど多彩なプログラムが繰り広げられます。
プラーターの大観覧車の下でも花火大会などイベントが予定されます。シェーンブルン宮殿の前にはニューイヤーマーケットが12月27日から1月1日まで立ちます。
また、大晦日にはホーフブルク王宮での優雅なディナーとワルツが楽しめる舞踏会「ル・グラン・バル」や、市庁舎や宮殿や有名ホテルで舞踏会やシルベスターガラディナーが開かれます。また、船でドナウ河へ繰り出してはいかがですか?美術館がお好きな方には、ウィーン美術史博物館の豪華なホールでガラディナーも用意されています。???
深夜12時になると、シュテファン大寺院の鐘が鳴り響き、新年を告げ、広場では若者たちが爆竹や花火を挙げて祝います。
元旦は11 時からウィーン楽友協会ホールでウィーンフィルのニューイヤーコンサートが開催され、世界中へ衛星中継されます。ウィーン市庁舎広場では大スクリーンにコンサートの様子が映し出されます。

 

「第8回ワールド・クワイア・ゲイムズ2014」ラトビア・リガ大会のご案内

 投稿者:社長  投稿日:2013年 2月20日(水)15時14分21秒
  「第8回ワールド・クワイア・ゲイムズ2014」ラトビア・リガ大会のご案内

世界各国で国際合唱祭・コンペティションを主催するINTERKULTURが来年夏に「第8回ワールド・クワイア・ゲイムズ」を合唱の盛んなバルト3国ラトビアの首都リガで盛大に開催しますが、この度詳細が届きましたので早速ご案内させていただきます。



合唱の全てのカテゴリーをカバーしていることはこれまでのワールド・クワイア・ゲイムズと同様ですが、今回は世界的にシニア合唱団が多いことを考慮し、どのような合唱団も参加できるオープン・コンペティションのカテゴリーに「シニア合唱団」が設けられました。

(女声、男声、混声、55歳以上、人数制限なし、合唱団が自由に選んだ4曲を演奏時間15分以内で、少なくとも1曲はア・カペラ、他はオリジナル楽器伴奏可)



コンペティションに参加しても、しなくても楽しめる世界最大規模の国際合唱祭です。

詳しくは添付資料をご覧ください。

お問合せをお待ちいたしております。





ジョイントコンサート国際委員会

事務局 垣沼佳則 稲井久美子

http://www.jointconcert.com

jointcon@vesta.ocn.ne.jp


 

ザルツブルク・メサイア世界合唱祭2013年4月開催のご案内

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会  投稿日:2012年12月26日(水)10時15分46秒
  突然の書き込みにて失礼いたします。


■2013年4月開催「ザルツブルク・メサイア世界合唱祭」参加者募集のご案内


私どもでは10年ほど前からドイツ・ハレで開催のヘンデル・メサイア世界合唱祭へ毎年日本からシンガーを送り続けておりますが、この度オーストリアのザルツブルクで同様に世界各国から400名のシンガーを招いて開催される「ザルツブルク・メサイア世界合唱祭」の主催者からも協力依頼を受けました。そこで参加者を募集いたします、美しい古都ザルツブルクで世界のメサイアファンと一緒に歌い素晴らしい時を共有してみませんか。

こちらのメサイア演奏会は
●2013年4月13日(土)
●指揮 Jan S. Bechtold
●管弦楽 Salzburg Festival Orchestra
●合唱 世界各地から参加の400名のシンガーにより実施されます。

参加される方々のために2013年4月10日(水)-17日(水)8日間のツアーを用意してあります。ザルツブルク4泊ウィーン2泊で旅費は25万円です。詳しくは資料をご請求下さい。


●ジョイントコンサート国際委員会事務局
稲井久美子
メールjointcon@vesta.ocn.ne.jp
Tel.03-5425-2326 Fax.03-3459-5805
 

ヘンデル・メサイア&モツレク海外演奏会のご案内

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会  投稿日:2012年 9月11日(火)14時49分35秒
  突然の書き込みにて失礼いたします。


私どもジョイントコンサート国際委員会ではドイツとクロアチアで開催の次の2つの演奏会について主催者に協力し、日本から参加いただく合唱シンガーを募集いたします。

■ヘンデル・メサイア世界合唱祭 - ハレ(ドイツ)
2013年2月23日(土)ヘンデルの故郷ハレのヘンデルホールに世界各国から450名のシンガーを集めメサイア演奏会を開催。終了後、各国の参加者と交流会。

■モーツァルト・レクイエム - ザグレブ(クロアチア)
2013年3月5日(火)首都ザグレブの同国最大のリシンスキーホールにてクロアチア共和国大統領府後援のもと日本・クロアチア国交樹立20周年記念・東日本大震災追悼の演奏会を開催。両国のオーケストラ&合唱メンバーによるジョイントコンサート。

詳しくは資料をご請求ください。
あるいは私どものウエブサイトにてご覧ください。
(「ジョイントコンサート」で検索いただきますと、トップに出てまいります)
ご参加をお待ち申し上げます。


《問い合わせ・資料請求先》
ジョイントコンサート国際委員会
事務局 垣沼佳則 稲井久美子
jointcon@vesta.ocn.ne.jp
Tel. 03-5425-2326

 

“モツレクin ライプチヒ2012”合唱団員募集のご案内

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会  投稿日:2012年 6月 5日(火)16時13分43秒
  突然の書き込みにて失礼いたします。

さて、ライプチヒのニコライ教会Bachchorが、毎年11月に同教会で各国から参加のシンガーと一緒に開催するレクイエム・シリーズでは、これまでロ短調ミサ、ドイツレクイエム、ベルディのレクイエムを取り上げてまいりました。

本年はモーツァルトレクイエムで、すでに日本からは30名の方々に参加を申し込んでいただいております。
現在、日本人参加枠にまだ若干の空きがございますので最終のご案内を申し上げます。
由緒あるニコライ教会でドイツや世界のシンガーと共にモーツアルトのレクイエムをお歌いになりませんか。

東京と名古屋で青木洋也氏のレッスンも予定しています。詳細は参加要項をご請求下さい。

《計画概要》

渡航期間 2012年11月21日~26日または29日
コンサート 11月24日(土)
演目 モーツアルト/レクイエム(ベーレンライター版ラテン語)

〈行事HP・英語〉
http://www.bachchoir.de/

●問い合わせ・資料請求先:
ジョイントコンサート国際委員会 事務局 垣沼佳則
Eメール jointcon@vesta.ocn.ne.jp
 

桜の満開は

 投稿者:社長  投稿日:2012年 4月 4日(水)14時21分37秒
  今年はいろんな植物の生長がおそいなあ、とおもっていたら、サクラはそうでもない。

ここ5年間で、満開は4月2日から9日の間です。ことしは、さて、7日くらいかなあ。
 

桜は無事

 投稿者:社長  投稿日:2012年 4月 3日(火)08時18分11秒
  今朝、大風でした。午前中大変。(時速80kmから100kmだって?)

やっと3分咲きになった桜を心配したけど、大丈夫。ほとんど散っていなかった。
 

お金があればね・・・

 投稿者:社長  投稿日:2012年 3月26日(月)16時09分28秒
  商社さんが扉をあけるなり「社長!機械買ってください」・・・だと。元気がいいね。

買いたいのはこっちだよ。(と言いたい)ン千万円はなかなか貯まらないのよ。

前回は2011.10月、その前は2009.3月。でも、新しい機械はいいねえ。やっぱり。・・・がんばろう。
 

氷解する古代について

 投稿者:寺坂国之メール  投稿日:2011年 2月19日(土)14時42分57秒
  拝啓

突然のお便りで失礼致します。防府史談会の皆さまにおかれましては、日々ご研鑽のことと存じます。
私事ではありますが、長年の念願であった古代史の本「氷解する古代」を遂に上梓することができました。
この四十数年、まさに古代史の森をさ迷いながら、コツコツと積み上げてきた成果(?)がやっと実ったものです。
この本では7世紀末まで単なる一地方政権に過ぎなかった大和王権(大和王朝)が古墳時代の頃から、中央組織として全国に影響を及ぼしていたとする定説、通説などの歪曲された歴史観を史実にもとづき真っ向から否定しています。
換言すれば旧唐書において倭国と日本国の歴史が、全く別国として描かれているにもかかわらず、歴史教科書などはその肝心な部分を伏せて、日本の歴史を学び始めた子どもたちに、その初っ端から大和王権中心のウソの歴史を教えている現状に対する抗議の書ということになります。
このような歪曲された歴史の流れは、地方史、あるいは郷土史においても少なからず反映されているのではないかと考えます。いわゆる近畿大和を中心として地方史を理解するという歴史学ですね。
何らかの形で歴史に携わる人間の一人として、こうした現実をそのまま看過することはできないという思いから、この本は作られています。

内容的には主に以下の通りです。
誰も気づかなかったもう一人の卑弥呼、卑弥呼は襲名制だった!
後漢書倭伝の卑弥呼は魏志倭人伝の卑弥呼ではなかった!
誰も疑問を抱かなかった後漢書倭伝の大倭王、このちっぽけな国の王に、なぜ大のカンムリが付くのだ!
後漢書倭伝は決して魏志倭人伝のコピーではない!それは過去の歴史家たちが錯覚の迷路をさまよっただけの話だった!
誰も知らなかった倭人のルーツ、それは波濤万里に挑んだ鳥(ちょう)夷(い)だった!
史記にも登場する鳥夷を決して島夷と混同してはならない!

以上のような、従来の歴史家が全く夢想さえもしなかった驚愕の史実をメインにして市民レベルの視点で書き上げました。
しかも、分かりやすく読みやすい極めてユニークな倭人と倭国の通史になっていると思います。
必ずしも貴史談会のご趣旨に添うものではないかも知れませんが、もしよろしければ是非ともこの機会に、防府史談会の皆さまにご一読いただき、ご批判、ご教示を賜りたいと存じます。
どうかよろしくお願い申し上げます。
                      敬具

2011年2月19日
東京都日野市旭が丘5-3-26
寺 坂 国 之
多元的古代研究会 会員
Mail: terasaka@m2.hinocatv.ne.jp
 

レンタル掲示板
/19